2011年11月30日

知ってはいけないこと、知らなければいけないこと

世の中、わからない事だらけです。

最近、仕事が暇すぎて、よくネットサーフィン(最近あまり聞かない言い方だな)してたんだけど、
お陰でいろんな怪しい知識や情報を得てしまいました。
信じられないこと、嘘だろ?って感じのこと、デマ、虚偽、いろいろ混ざってると思うんですが、
いろいろな面から総合すると、浮かび上がってきたことがあります。
信じる信じないはあなた次第だし、私の情報や意見の信ぴょう性はネット上の情報の総合的なもの
であり、検証されているわけではないということをお断りしておきます。
結論が出ていないことがほとんどですが、なんとなく浮かび上がってきたことの断片を、下記に
列挙します。

・ペリー来航以降の日本の歴史は、全てフリーメーソン(イルミナティ)の影響下にある。

 信ぴょう性はほぼ100%。表の歴史の裏には、裏の歴史があるということ。ある意味当たり前。
 それを陰謀と呼ぶか、導きと呼ぶのかは立場で変わる話。
 明治維新近辺の歴史、それもイギリスやアメリカとの関係を調べれば、かならず行き着く事実。
 当然、現在も影響下にありますが、日本というより、世界的に見る必要があります。
 奥が深いので、まとまりません。

・特定の名称は挙げませんが、世界的な陰謀は明らかに存在する。

 タブーにふれれば、命も危ない。
 こんなブログ記事では殺されないと思うけど・・・。
 この件も奥が深く、危険なので深追いはしません。

・遺伝子組換えは恐ろしい。

 作物自体が殺虫する、って事実だけで怖い。食べる側にも少なからず影響がある。
 植物に動物の遺伝子が組み込まれているって事実だけで怖い。食べる側にも影響がありそう。
 遺伝子操作された植物の種や花粉は、風などにより自然に運搬される可能性があるので怖い。
 日本でも秘密裏に遺伝子操作が行われた作物(米も含む)があるらしい。怖い。
 私の知識では、否定も賛成もはっきりと出来ませんが、単純に怖いです。

・TPPは恐ろしい。

 農業、漁業、工業など、すべての産業に与える影響が怖い。
 上記遺伝子組換え作物も自由に輸出入が行われるようになることが怖い。
 アメリカ、オーストラリアなどは露骨に日本を潰そうとしているところが怖い。

・日本の天皇家、神道(神社)は、ユダヤの末裔が基礎を築いた。

 古事記は、ユダヤの末裔が編纂したことはほぼ間違いない。
 神社には、出雲大社に代表される日本古来の系統とユダヤ系等が存在する。
 天皇家、伊勢神宮系、上賀茂神社・下鴨神社系の神社はユダヤの末裔が基礎を築いた。
 ユダヤの末裔とは、秦氏のことである。歴史を調べればほぼ明確になる。
 歴史は、その時代の実力者が書きなおした側面もあり、本当のところははっきりしないが、
 このあたりの信ぴょう性は、かなり高いと思われる。

・東日本大震災後、タイの洪水は人為的に起こされた可能性がある。

 このあたりの信ぴょう性は、検証が難しいのでわからない。
 しかし、事実である可能性はかなり高い。

だから何?って感じかもしれないが、それぞれ奥が深すぎて、私もわからない。
100%事実とも言えないかもしれないが、世の中には裏があるってことを認識することは大事だと
感じる今日この頃。

18世紀以降の世界史は全て陰謀(?)により動いているのは、もう事実としか言いようが無い。

新たな事実がわかったら、このブログにもアップしようと思う。

もし、こんな話(特に裏の歴史)に興味があるかたは、以下のサイトを見てみてください。
信じるか信じないかはあなた次第です。

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/

posted by kyo at 14:21| Comment(1) | 思ったこと、日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする