2013年09月09日

偉大な宮崎駿

宮崎駿さんが長編映画から引退しました。
寂しいかぎりです。
自分の年代は、宮崎駿さんの名前は知らなくても、絶対に宮崎駿さんの
関わったアニメに接しているはずです。
そう、世界名作劇場には、宮崎駿さんが深く関わっています。
ムーミン、アルプスの少女ハイジ、フランダースの犬、あらいぐまラスカル、
母をたずねて三千里などが宮崎駿さんが関わっている作品です。
特に女の子キャラの顔などに共通点を感じるはずです。

それ以外にも、「ルパン三世」(旧作)、「侍ジャイアンツ」、
「未来少年コナン」などに宮崎駿さんは関わっていますが、どれも私が
大好きで何度も何度も再放送を見ていたアニメです。
宮崎駿さん初監督作品の「カリ城」も何度見なおしたかわからないくらい
見ています。

「ルパン三世」では、後の「カリ城」に通じる場面やストーリー展開が
多く見受けられ、マニアックな視点で見直すと楽しいですね。
んなわけないだろ!的な演出も大好きです。
ルパンが乗ってるチンクエチェントも生き物のような動きを良くしますね。
高度成長期の日本が舞台なはずなのに、どこかヨーロッパの街みたいに
見えるのも宮崎駿さん+高畑勲さんの演出のおかげでしょう。

短編のアニメでも良いので、今後も作品を見たいですね。

最近「紅の豚」を見ましたが、シンプルなストーリーなのに、いろいろな
テーマが隠れていて、いろいろな感じ方ができる作品だと思います。

豚さんかっこいい!

posted by kyo at 23:13| Comment(0) | 思ったこと、日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。